• プロフィール

    つっきぃ

    ニックネーム:つっきぃ
    自己紹介:作るの好き。
    食べるのももっと好き。

    今思うコト。
    逆の立場になって考えられる人に
    なりたい!!

    日々前進&日々勉強!!

  • 検索フォーム

  • カレンダー

    01 | 2011/02 | 03
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 - - - - -

  • 1クリックで世界が変わる

    Powered By イーココロ!


2011/02/17(Thu)

カスングぶらり旅?

カムズアカデミーに続いて
風車を作って自分で発明した14歳の男の子のうちへ(今はもう、25歳くらいになってますが。。。)
お金がなくて学校に通えなくなった。

図書館にあった本をきっかけに自分で風車を作った。
そして、風力発電を作った。彼の家は村の外れ。
タクシーで向かう。
周りにはたばこ畑が広がる。

初めに作った風車は壊れてしまっていた。



自力で勉強して、風車を作って、風力発電を作った。


先日日本でもテレビに出演したそうな。

彼の家にはお父さんがいて、イロイロな話を聞かせてく入れた。
家には貯水のタンクがあり、
土地が高いところにあるので、そこに下から
水をくみ上げるために電力を使う。
その水は自分の家だけでなく
周りの村のひとも使えるようにしている。




蛇口から水が出る。
地下から水をくみ上げることで
綺麗で衛生的な水を使うことができる。
衛生的な水。
感染病が減る。

また、彼は自分の村に学校の校舎を立てた。
そこにはひとクラス100人近い生徒が勉強をしていた。



1日でマラウイのてっぺんと、
学校に通えなくなるほどの人たちの暮らしの
両方を見れた。
どっちもマラウイで。
人々はそこで暮らしている。

どっちがいいとか
悪いとかではない。

両極端を見て
いろんなことを考えさせられた。
これが現実であると。


彼が書いた本。



勉強できることの素晴らしさ。

自分はまだまだ勉強不足。
一生勉強。

Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/02/17(Thu)

カスングぶらり旅?

マラウイの中心部カスング。
同期4人と先輩隊員と一緒に。

まず向かっったのはカムズアカデミー。
マラウイのエリート校。
お嬢様。おぼっちゃまが通う。
中に入ったら今まで見てきたマラウイの景色とは全然違う。。。



びっくり!!!!!
何かのドラマの撮影にでも使われそうな。。。
ここわマラウイかと疑ってしまうくらい。。。

中に入って連絡を取っていた先生とあって
挨拶をしたら、警備員の方が校内を案内してくれることに。

どこに行ってもみんなで
「すごぉぉぉぉぉぉぉい!」の
一言しか出てこない。。。。
クリニックも校内にある。
中は、正直あたしの配属先の病院よりきれいで、
設備も整っている。
薬局には薬もそろってる。

すごいなぁ。
また、言ってしまった。

全寮制でご飯も出てくるし
洗濯をしてくれる人もいる。

校内をほとんど見終わったくらいの時に
たまたま初めにあいさつをした先生のクラスを前を
通りかかり、先生がクラスに招いてくれた。
授業中にも関わらず。。
思いがけずのことでドキドキ。。。
クラスには総勢50人近くの学生さん。
お互いに質問をしたりして。
綺麗な英語で
まぁぁぁ
びっくり。
将来の夢を聞いてみたら、
みんなイロンナ夢を持ていた。
その中にひとり歌手になりたいという男の子。
うたって欲しいとお願をしたら、
全生徒で国歌を歌ってくれた。


訓練所の時に朝礼で何度か聞いたマラウイの国歌。
実際に目の前で聞くと
何だか感じるものがある。

学生からの質問。
日本の大学に行くには??
日本のテクノロジー。。。。。
などなど。。
私たちではチョット答えられそうもない質問も多々。。。
日本の曲が聞きたい!
とのリクエストで。私たちも国歌斉唱。
ナカナカないコト。

海外にて。自分の国のコト沢山聞かれる。
それを聞かれるたびに、自分の国なのに知らないことがまだまだたくさんあるなって実感する。
大人になって国歌も歌う機会がなくなって。
日本を離れて改めて日本のことを感じたりする。
と、また実感。。。
ご飯に誘ってもらって一緒にご飯を。

マラウイの主食はシマ。
だけど、この学校ではシマは出ないんだって。
主食はご飯のみ。

学生さんと一緒にご飯を食べて
イロンナ話をして。

ヘッドマスタ‐にも会わせてもらって、
学校の最優秀生ともごあいさつ。
なんだか、堂々としている子だったなぁ。

最後にみんなで記念撮影。
タクシードライバーに写真をお願いしたら
何を勘違いしたのか、ポーズろ決めて立っている。
いやいや。。。
撮って欲しいんだ
って言っているのだけど、うまく伝わらず。
私たちの一人が撮影し、
先生と、生徒と、私たちと(−1人)&タクシードライバーという、
何だか変な記念撮影に。。。。

まぁ。これも、思い出((笑

マラウイとは思えない学校を見させてもらって。
英才教育を受けて、大学は海外に
行く子が多い。
マラウイにその力が還元され、
ボランティアなしで自分たちの力で
立ってくれる日を早く見れたらいいな。
と、思った。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top