• プロフィール

    つっきぃ

    ニックネーム:つっきぃ
    自己紹介:作るの好き。
    食べるのももっと好き。

    今思うコト。
    逆の立場になって考えられる人に
    なりたい!!

    日々前進&日々勉強!!

  • 検索フォーム

  • カレンダー

    02 | 2011/03 | 04
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

  • 1クリックで世界が変わる

    Powered By イーココロ!


2011/03/09(Wed)

やるべきこと

今日は先輩の配属先にあいさつに任地まで来るので
私の配属先にも調整員さんがやってきた。

病院のトップの人とと話をしたり、
kitchenのカウンターパート
フィールドのカウンターパートと
話を一緒にした。

今の何をやっているのか。
これからボランティアに何を期待するのか。
今後次の後任は必要かどうかなど。

病院長は最近変わったばかりで
私の要請を出した病院長は今はいない。
ボランティアがどういうもので、何をするのか
ということも全部は把握していないのかも知れない。。。。

元々のカウンターパートは学校にいてしまい
そのカウンターパートと前の病院長が要請を出した為、
今の病院に私の要請を出した人は居ない。
だから余計にボランティアってものがどういうおおう
ことをするのかが分からなくなっている。

お金の支援はしないと言っているが、
ワークショップをやるからとかで
お金と言われることも多々。
まぁ。これは仕方ないか。。。
外人だし。
お金の支援はしないよ。その代わりに私にできることがあるのなら
手伝いはする。と言っていくしかないと思っている。

キッチンでは治療食を始めたいと意気込んているものの
材料がない。
器具もない。
そして、やる気が。。。
意思疎通がうまく行かない。
ミーティングに1人で行っても、病院全体で変えなくてはいけないことを1人ではどうしていいかわからない。。。。

アイディアを出すものの
一向に始められそうにない。

を言うことを調整員さんに相談したところ、
「ここの病院のもともとの要請はコミュニティーに対する栄養改善活動であり、病院内の治療食はできるならば・・・だったから、今はコミュニティーに力を入れてみたらどう??」と
アドバイス。

道具がない。
材料がない。
と言っていても、なにもできないまま
活動が半分を過ぎてしまう。

だったら、今の自分にできるコトを見つけて
そっちにシフトチェンジした方がいいじゃないか!!
って思えるようになった。

沢山の子どもがいて、
村に行けば栄養失調でお腹がはちきれんばかりに
膨らんでしまっている子供が沢山いる。
その子供たちへ
その母親へ
栄養指導をする。
食事改善をする。

大きな形に残らなくても
その人たちが健康になってくれれば
それでいいのではないかと。

自分にできることは
自分で探してそして実行していくしかない。

その為に遠く離れた
マラウイまで来たのだから。。。
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top