• プロフィール

    つっきぃ

    ニックネーム:つっきぃ
    自己紹介:作るの好き。
    食べるのももっと好き。

    今思うコト。
    逆の立場になって考えられる人に
    なりたい!!

    日々前進&日々勉強!!

  • 検索フォーム

  • カレンダー

    05 | 2011/06 | 07
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

  • 1クリックで世界が変わる

    Powered By イーココロ!


2011/06/21(Tue)

どこ行くの?

「chie暇か??」

来た〜〜〜〜!
マラウイに来て、予定を当日に言われることはしょっちゅう。
「前もって言ってね」と言っても
忘れてしまうようだ。

今日も突然この掛け声。
特に予定もなかったので「暇」と答える。

「出かけるから車に乗るんだ〜」
とカウンターパート(CP)。
「えっっ。どこ行くの??」
と、聞いたけど行き先不明。

まぁいいか。
こんなふうに思えるようになっった。

HP近くの倉庫へ向かう。
ガソリンを入れるみたい。
マラウイはよくガソリンがなくなる。
国全体から。
なので、ある時に買っておいて、
その都度自分たちで入れる。
大きなドラム缶のようなものからホースを使ってバケツに移す。

理科の実験でやったみたいに、
ホースの先をドラム缶に入れ、もう片方から
チョット吸ってその先をバケツに入れる。
そうすると、バケツにガソリンが入ってくる。

という原理なのだが、
ナカナカうまくいかない。
ドライバーが何度もやってみては
口の中にガソリン入ってしまって。。。
それ見て爆笑するCP。
笑ってないでなんかしなよ〜〜
といいながらみて笑うわたし。。

ごめんね。ドライバーさん。。

何度かやってようやく今日必要な分は確保。
今度はバケツから車へ。
ホースの原理を再び。
要領つかんだドライバーは早い。
あっと言う間に完了。

CPがいきなり。
「チョット。。。」モジモジ。。。
あたし「どうしたの??」
CP「あそこのおうちに行って来てもいい??」
みると、そこは家ではなく銀行。
「待ってますよ〜」
と言うと、うれしそうに走って行った((笑
おもしろい人だな〜

そして、うれしそうに帰ってきたCPと
車に乗り込み近隣のヘルスセンター(HP)に向かう。




HCについてようやく分かった。
来週から始まるトレーニングの材料を届けに来たよう。
来週持って来たんじゃ間に合わないということか。
前もって。がなかなかできないマラウイ。
今日は前もって持って行く。
その現場に居合わせたみたい。貴重〜〜





車内はCPとドライバーと私のみ。
CDもラジオもなく、静かな車内。

と、いきなりCPが話し出した。
日本とマラウイについて話している。
あたしに向けて話しているのか、ドライバーなのか。
独り言か。。。?

にしては大きすぎる。

英語と現地語が混ざるからたぶんあたしを意識して
英語で話しているのだけど、興奮すると
現地語になる。

日本のことについて話している。
友人が日本に研修で行ったコト。
その人から聞いた話。
日本のODAの話。
日本人の話。
「chieがいるから言っているんじゃないよ」
とCP。本当に親日みたい。


そして、一番驚いたこと。
マラウイの人は話が大すき。
仕事中でも。会議中でも。
CP「日本人は朝も夜も寝ないで働くんだ」
私「さすがに寝るよ」
CP「でも、少ないだろ。
  日本人は働く。だから日本は向上したんだ。
  だから、今richなんだ。
  でも、マラウイは夜の8時にあれば寝てしまう。
  仕事中も話してる。
  これでどうやって向上するって言うんだ!!!!!!」
と言ったこの言葉。
今までマラウイの人とかかわって来ても、
「日本はrichだから。でも、マラウイはpoor。」
という言葉しか聞いたことがなかった。
昔日本の話をしてもふぅぅぅんとなるだけ。
でも、彼は「この状況でどうやって向上できるというんだ!」
と言った。
この言葉に私は正直びっくりした。
こんなふうに考えているひともマラウイに居るんだと。
こんなふうに考えている人が
居るということだけで、何か変わるんじゃないかって
思えた。
そんなふうに、自分の国を少しでも向上させようと
感がる人が増えたら、きっと変わる。
そう思う。

ヘルスセンターまでの道のりをいろんな話をしながら進んだ。
ドライバーはCPをMrマラウイと呼ぶ(笑

今まで、一緒に活動できなかったのが
残念で仕方ない。

イロンナ話。
また同じ栄養士として、
活動の話。
イロンナ話したかったなぁ。
彼が居たら、私の活動も少しは
また違っていたのかな。。。
なんて思う。
過ぎたことを言っても仕方ない。
今。ある時間でイロンナ意見交換しよう。


この空のように
マラウイの未来も晴れて行くといいな。
と、思った。



Home | Category : 活動のコト |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top