• プロフィール

    つっきぃ

    ニックネーム:つっきぃ
    自己紹介:作るの好き。
    食べるのももっと好き。

    今思うコト。
    逆の立場になって考えられる人に
    なりたい!!

    日々前進&日々勉強!!

  • 検索フォーム

  • カレンダー

    12 | 2012/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

  • 1クリックで世界が変わる

    Powered By イーココロ!


2012/01/30(Mon)

NEW!!


今の私の活動の軸となっているチコンダモヨ。
6フードグループ全てから使用する。
村でも手に入る物を使用する。
と言う事で作ったレシピ。

最近のマラウイの物価上昇はホントにすごい。
と言う事は以前にも書いたと思うけど。。。
でも、ホントに半端じゃない上昇。。。。
物によっては1.5倍、2倍、2.5倍にもなっている・・・・

現在のチコンダモヨの材料は
バナナ、トマト、ガイワ(トウモロコシの粉)、グラウンドナッツパウダー、重そう、塩、砂糖、卵、油。
この中でも最後の2つ卵と油は高価になってきている為、
そらほい!!と簡単に手に入らない人も多くいる。

それでは、このチコンダモヨの意味がない!!
なんとか、代用で考えないと。。。
卵は動物性食品のグループ。
以前、いくつか試してみた。
ミルクパウダー、小魚・・・・(これは生臭く、食べられたもんではなかったな・・・)
動物性食品の摂取が一番難しい・・・・

ミルクパウダーは卵よりも高価の為、手に入りにくい。
鶏を飼っている人が多い為、このグループはやはり卵しかない。

油はどうしようか・・・
同じグループの物としては、
マーガリン、バター、ヘッド(ウシの脂)、アボカド。
マーガリン、バターは油よりも高価。
即却下。
ヘッドは扱いにくい。
残るはアボカドか。
とりあえず試してみよう。

熟れて柔らかくなったアボカドをフォークでつぶす。
それを油の代わりに入れてみた。
焼けた!!!!!



問題の味は・・・・・?

おいしいじゃないか!!!
アボカドと感じさせないこの味!!
いける!!!
そして、綺麗な緑ww



今までのレシピと並行して、アボカド代用のレシピも広めて行こう!!
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/01/27(Fri)

課題

ヘルスセンターでも行っているデモンストレーション。
病院でも時間を作り行っている。

今日は、SFPのお母さんたちを対象に行った。
SFPとは、低栄養児の栄養改善プログラムの一種。
メイズ粉と大豆粉を混ぜた物(リクニパーラ)を与える。

毎週金曜日に体重測定と共に、体重に応じてリクニパーラを与える。
その前に、バランスの良い食事についてと、低栄養について、
それから、デモンストレーションを行った。

出来あがってから、母親そして子供たちに配った。

小さく切って、1人ひとつづつ。
でないと、全員分行きわたらない。

もっと欲しいと言われる。
その時には、今回レシピもつくりかたも教えているから、
是非家で作って欲しいという。
が。。。。。

『お金がない。』
『作って私たちに与えてくれ』
『まだ余っている分があるじゃないか』
と。。。。。
私が作って、ただただ与えるだけではまったくもって意味がない。
だって、それだったら、あたしが居なくなったら
また元に戻るってことでしょう。
レシピを覚えて、子供の為に、家族の為に
作って欲しい。
そういう願いでデモンストレーションを行っているのだけど。。。

場所によって、反応が全く違う。
前回(1月25日ブログ)の場所は、
皆が皆、やる気のある人だった。
相乗効果。
1人がレシピを書くと、
次から次にと来る。
が、
負の連鎖。(という言葉は良くないが、)
ひとりが、欲しがれば、自分も自分もとなる。

どうにか、自分達の手で、
子供たちの栄養改善に努めてくれるようになればいいと願う。
これが、伝えられるように、改善できるように活動する事が
今の私の課題。。。。

道は険しいな・・・・

でも、やるっきゃない!!!
Home | Category : 活動のコト |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/01/25(Wed)

最近の活動

最近の主な活動。

チコンダモヨ
を使った

6food食べよう啓蒙活動!

ガソリンがないので、ナカナカH/Cに行けないでいる。。。
がしかし、今日は久々にでかけられた!!

今日のH/Cに行くまでの道に
紅茶の茶畑がある。


雨期に入って緑が綺麗〜〜

そして、茶摘みをしてた


車が病院をでるのが遅くなってしまったため、
到着がお昼近くに。。
H/Cのスタッフに行くことを伝えておいたものの、
母親たちが帰っていないかチョット不安。。。

それでも、20人くらいのお母さんたちが
待っててくれた。
clinicの日でもないし、
私の活動のためだけに集まってくれていた。
そして遅い遅い到着でも待っていてくれた。

ヘルストークとデモンストレーション。
今日のお母さんたちはやるき満々!
デモのあとに、質問が多数!
そして、私の質問にも、バンバン手を挙げて発言!



一緒に作って焼いて。
何人かはレシピも書いて帰っていた。

 

他のレシピも教えて欲しいとの声。

マラウイは保守的。
食だけでなく、音楽とかでも言えるコト。
新しいものを好まない。

だけど、今、新しいチコンダモヨに興味を持ってくれている。

保守的なのもあるが、新しいレシピが入ってくる
ルートがないのかもしれない。
日本なら、テレビで、ネットで
イロンナ情報が入ってくる。
レシピだってどっからでも手に入れられる。
でも、マラウイでネットが使えるのはごく一部。
テレビがあるのもそんなに多くない。
村に入れば、電気がない家がほとんど。


マラウイにある食材で。
そして、いつでも手に入れられる食材で。
マラウイの人たちに受け入れられる料理を。
考えて、提案して行こう。

いつもの食事に戻ってしまうかもしれないけれど。
でも、今後、選択肢のひとつになるかも知れないから。


今後の活動で
お料理教室でもやってみようかなwww




Home | Category : 活動のコト |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/01/24(Tue)

150日

残り150日



マラウイでの生活も残すところ5カ月を切りました。
まだまだ新隊員の気分でいたら、
いつの間にか、上から数えた方が早くなってしまった。。。
先輩隊員がドンドン帰国して行く。

5か月後は私も日本だ。

早いもんだな〜〜。。。。

残りの時間をどう使うか。

やれることはやって行こう!!
マンパワーになるからと避けていたこと。
私が帰国したら続かないからとやめていたコト。

モロモロやってみよう!!

やらずに後悔は一番良くない。

とにかくやってみる。
できれば、マラウィアンも巻き込んで。
というか、必ず巻きこんで!!位の勢いで。

後任は来ない。
だから、マラウィアンが引き継いで行ってくれれば
一番良い!!
でも、難しいんだろうな・・・・
それでも、諦めず、めげずにやってみる!!
誰かのどっかに何か少しでも残るように。


自己満足で終わってしまうかもしれない。
それでも、やらないよりはやった方がいい。
日本に帰ってから、
もっとやればよかったな〜〜なんて言うのが、
一番もったいない。




今できるコトを

今ここで!!



Home | Category : マラウイ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2012/01/22(Sun)

お呼ばれ♪♪

キャッサバのシマを食べたい!!&作れるようになりたい!!
と言ったところから始まり、今日、同僚のお宅に御邪魔してきました!

普通のシマは作れるようになったものの、任地カタベイ名物
キャッサバシマは作れない・・・
せっかくだし、作れるようになれればな〜〜と思って。。。

作り方は一緒かと思ってたら、全然違った。。。


まずは、
乾燥させたキャッサバを粉にする所から始まった。
モーターと呼ばれる物に乾燥させたキャッサバを入れる。
そして、お餅付きの様につき、粉にしていく
そして、ふるいにかける。
残った物をまた、つく。
の作業を繰り返す。
 
真似してやて見るが・・・
2人でやることも  
振るう


‘つく’にしろ、‘振るう’にしろ、かなり二の腕に来る・・・

そして、粉振いが終わったら、おかずの準備!!
今日は、お豆と、野菜の2品。
野菜は、かぼちゃの葉っぱとトマト。
かぼちゃの葉っぱは筋をとる。
現地語しか話せないアマイが擬音語のみで説明してくれたwww
まな板なんて使わない。

手でそのまま切っていくのがマラウイ流

さぁさ!!
いよいよシマ作り!!

同僚がまずお手本。


そして、私。



なんか違うんだよな〜〜
横から、アマイが助け舟。


つくにしろ、作るにしろ、何かが違う・・・



でも、みんながおいしいと言ってくれました〜〜


もちもちしてて、自分のこぶし大食べるのがやっと。

粉つきから始まって、最後の最後まで力がいるシマ作り。
毎回やる。
マラウイの女性は逞しい!!



Home | Category : 日常 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top