• プロフィール

    つっきぃ

    ニックネーム:つっきぃ
    自己紹介:作るの好き。
    食べるのももっと好き。

    今思うコト。
    逆の立場になって考えられる人に
    なりたい!!

    日々前進&日々勉強!!

  • 検索フォーム

  • カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

  • 1クリックで世界が変わる

    Powered By イーココロ!


2011/10/07(Fri)

調理実習

昨日に引き続き今日は、チコンダモヨの調理実習〜〜
セカンダリーではフォーム3から調理実習ができるようで、
今回一緒に授業をしたのはフォーム2。

そう。初めての調理実習なのだ。
生徒たちのテンションは上がる上がる!!

初めてという事は、勝手も分からない。
と言う事は、もう、どうなるか分からない・・・・

昨日の講義で燃え尽きてしまった私たち2人・・・・
いやいや、今日も頑張らなくては!!!

時間は、ティーブレイクの後。
遅れたら、実習には参加させないよ〜〜と
言ったのに、時間になっても誰ひとり、調理室に来ない・・・


ほぇぇぇぇ?!?!?!?!?!


なんてこった。。。
友人が教室に行ってみると、みんなそこで待っていた。
どうやらどこに行ったらいいのかが分からなかったようだ・・・・

手洗いチェックをし、
昨日のおさらいと、今日使うものの説明。
トマトを入れる事を伝えると
えぇぇぇぇぇ!!と
驚きの声!!
だよね??!?!
思惑通りwwww

まずは私のデモンストレーション。

その後、各班に分かれて実習開始〜〜
なんせ初めての実習。
こっちもどうなることやらと心配。。。
一人ひとりに分担を決め、そこからスタートさせた。
バナナをつぶす人。トマトを切る人。混ぜる人。
など・・・・
6人の班は良かった。が、7人班が困った。。。。
7人目・・・・「炭の火をつける」
これでは・・・・
ちょっとね・・・・
と言う事で、結局、トマトを一緒に切り、その後、火をおこす人に。決定!!

が、今朝、家庭科室を下見したら、電気オーブンがあり、なんとか全グループ分焼けるスペースがありそうだ。
ということは。。。。7番・・・
今日は朝から断水・・・・
トマトを切った後、結局水汲みに言ってもらいました。



それぞれで、少しの問題はあったものの、
みんな楽しみながら作ってくれました。

時間内に終わらないと覚悟していたが、なんとか終了〜〜〜〜
チームごとにそれぞれ特徴があり、見ていて面白かった。

焼く時間に1時間くらいかかるので、次の授業へ行かせ、
焼くのは私と友人で。
そして、食べるのは授業終了後。

3時半に集合!!遅れたら食べちゃうよ〜〜〜
と言ったら、3時半には全員来てた・・・

私たちの準備がまだだったため、
学校内の掃除をさせたり、使った布巾を洗わせたり。
さすが!!学校の先生。
友人、ただ待たせると言う事はしません!!
すごいね〜〜

食べる前にもう1つ簡単に食べる量の話をして、
じゃぁ、試食〜〜〜〜!!!
生徒たちのテンションは最高潮!!!!!!!!!!!!!!
各班ごとに取りに来てもらい記念撮影。
     


そして、全部の班に行きわたったところで、
全員そろって
「いただきます!!!」
今日は日本式。
手を合わせて。
日本語にもチコンダモヨにも興味津々の子供たち。

********
初めての実習はとても楽しかった。
6Nutrientのことを楽しく学べた。
そして、1つの班。
家に帰ったら、私たちは他の人にこの作り方を教えることができる。
また、この食欲を誘うチコンダモヨを売って、お金をもうけることもできる。

と、感想をくれた。
授業で習って、それでおしまいではなく、
次に繋げてくれようとしているのが嬉しかった。
それがどんな方法であれ、(売ってお金にするという事であっても)
習って終わりでないと言う事は良い事。
彼らの身の一つとなって、
彼ら自身を助ける
ほんのちょっとの役割を果たしくくれればいいと思う。

私自身の始めての経験。
ホントに良い経験をさせてもらった。

友人隊員と、その配属先の先生のみなさん。
そして、つたない英語の授業でも一緒にやってくれた
生徒の皆に感謝。
楽しかった。ありがとぉ
 



実習後、最後まで片づけをしてくれ、そして、真っ先にゴミ捨てに行こうとしてくれた彼。
なんていい子なんだ〜〜〜〜と
友人となはしていたのに。

私たちが教えた『いただきます』と『ごちそうさま』
を書く場所がなかったらしく、
彼が選んだ場所は
ここ。



そう。
自分の腕。


なんでぇぇぇぇぇ〜〜
という言葉が2人で止まらず、
笑いも止まらなかったwww

さすがマラウィアン!!
最後までいろいろやってくれるね〜〜
Home | Category : いつもの活動ではないけれど・・・ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼

    

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

Home Home | Top Top